看護師は子供たちの人気職業の一つですが、看護師の現実はどうなのでしょうか。

看護師の収入は、公立や民間などの病院運営形態や地域による差があり、一般企業に比べると全体的に高くなっていますが、収入の中には夜勤手当が含まれているため、一概に高いとは言えません。
看護師として経験を積み、認定看護師、専門看護師になると手当てがつく病院もあります。
一般的に、看護師長などの役職手当もあります。

看護師の多くは自分の給料に不満を持っているという調査結果があり、過酷な仕事内容と給料が合っていないと感じている看護師が多いようです。

休日では週休2日を確保する病院が増えていますが、他の看護師と協調しながら休みを決めるため、土日に休みが取れるとは限りません。有給休暇制度もあり、多くの病院は労働基準法に準じて、業務に支障がない範囲で自由に取れるようになっています。
しかし夜勤など変則勤務では夜勤明けが休日になり、疲れて何もできないということも多いようです。

一般企業で常識となってきた育児休暇制度も、多くの病院で整いつつあります。
看護師が子供を預けるための院内保育所を整備する病院も増え、就労環境が改善されてきたため、近年は仕事を継続する看護師も増えています。

以前に比べ、かなり改善されてきた看護師の待遇ですが、まだまだ離職者は後を絶たず、看護師不足は解消されません。
看護師の仕事の重大さ、勤務の大変さに見合った待遇に改善されることが急がれています。