看護師の歴史は中世のヨーロッパに遡り、当時は看護師という職業はなく、キリスト教の修道女が病人の世話をしていました。

看護の近代化の道はイギリスのナイチンゲールによって切り開かれました。
ナイチンゲールは戦場で、敵味方の区別なく献身的な看護を行い、その後看護学校を創設し、看護婦の教育を始めました。
ナイチンゲールは看護を職業として独立させ、近代看護教育のもとを築きました。

日本では明治以降、開業医での治療の補助が看護の始まりで、ナイチンゲールが指導した看護学校が日本でも設立され、卒業した看護婦が活躍しました。

当時、看護師の評価は低く、日赤による看護婦養成が始まり、戦争での看護婦の活躍によって、看護師に対する評価が高まっていきました。
その後の戦争でも多くの看護婦が戦地に派遣され、1000人以上の看護婦が戦死しています。

戦後は病院の近代化に伴い、看護師は専門職として、1950年に看護師国家試験が始まりました。
1951年には准看護師制度ができ、准看護師と看護師の一本化の議論は現在も続いています。

1958年には基準看護制度へ改められ、1997年には付き添い看護が禁止になり、看護師が入院患者の世話をすることになりました。
2002年の改正で、男女の区別なく看護師と呼ばれるようになりました。

看護師は看護の専門家として、様々な分野でその役割が期待されています。