看護師の働き方の一つに派遣というものがあります。

一般企業で働く派遣社員は珍しくありませんが、専門職である看護師にも派遣という選択があるのです。

ただし本来、看護師は医療業務に当たる職種であり、看護師派遣は法律で原則禁止とされています。ですから看護師の派遣として働くことは、産休の代替による短期間の勤務や、紹介予定派遣、へき地離島などでの勤務、病院や診療所以外の施設の勤務など、特例の場合に限られています。

しかし看護師派遣のサイトや広告では違法な求人も載せられています。誤って就業しないように十分気をつけなければいけません。

派遣の看護師として働くためには、まず派遣会社に登録します。派遣会社には看護師の人材を求める施設や企業のオファーが集まっています。派遣会社のコーディネーターが双方の希望に合った相手を探して結び付けてくれます。

派遣看護師のメリットは派遣会社が希望に合った職場を探してくれるため、自分で就職活動をする手間が省けることです。職場の方も求人広告を出したり、何人も試験や面接することなく人材を確保することができるため効率的です。

近年ますます活躍の場が広がっている看護師は、常に人材不足の状態です。産休の代替やへき地勤務などのピンチヒッターとして、派遣看護師はなくてはならないものでしょう。

また派遣期間終了時に職業紹介を行う紹介予定派遣は、直接雇用される前に自分に合った職場かどうかを見極めることができるため、就職活動に上手く活用するとよいでしょう。