看護師は、どのような施設を選べば、転職に失敗しないのでしょうか。

まず、病院の場合は、病床数と看護師の割合です。

ベッド数に対して看護師の数が多いことは必須です。

看護師の数が少ないということは、それだけ担当する病床数が増えて業務がハードになることが予想されます。

そして、病院では医師の数が多いことは、結構、大事なポイントですし、新人の看護師の離職率が低いこともあげられます。

また、チェックしておきたいことは、年間の休日と残業です。

実際にみなさんがどれくらいの残業をしているかリアルな時間も知っておきたいですね。

求人情報には、実際に残業が多くてもそのことを掲載していないところもありますから、現時点で働いている方々の実際の残業時間を聞いておきましょう。

そして、見た目はとても大事ですから、面接を決める前に病院の中を見てきましょう。

きれいに掃除されていて、清潔感がある病院なら、経営もしっかりしていることでしょう。

さらに、病院の公式サイトもチェックしてみましょう。

患者さんに対してわかりやすく紹介されているか、十分な情報が載っているかなども大事なことです。

そして、問題は「ちゃんと更新されているか」です。

ずっと更新していないホームページを持つ病院はよくありませんからね。

看護師は横の繋がりもあるでしょうから、気になる求人があれば、その施設の情報が知人、友人から入ってくることもあるでしょう。

ですが、個人によって感じ方もありますから、友人の助言が絶対に正しいということもないですからね。