転職する看護師のなかには、より、やりがいのある仕事を求めて、病院以外の施設へ転職する方もいます。

それから、看護師と言えば、夜勤をしなければならない病院も多いですが、夜勤がない昼間だけの求人もありますから、そうした仕事へ転職することも可能です。

なるべくおうちにいて、子どもや家族と過ごす時間を増やしたいという方も、転職して希望通りの時間帯で勤めることができればよいですよね。

このように、自分が希望とする職場環境、待遇、給与などが叶えられる求人を探し、就職することができれば理想的です。

思い通りの仕事が出来ることや、希望通りの待遇で働けるということが、看護師の転職のメリットですよね。

さて、メリットがあれば、デメリットもあるものです。

では、看護師が転職する際のデメリットと言えば、どのようなことでしょうか?
病院やクリニック、介護施設など、看護師の求人は数多くありますが、隣の芝生は青く見えるものです。

ですから、現在、勤務している病院より、求人に出ている病院のほうが、なんとなく良く思えてしまうこともあります。

転職する際に今の環境と比べることはとても大事ですが、求人情報だけではわからないことはデメリットでしょう。

転職した結果、何も変わらなければ意味がありませんからね。

求人を見て興味が沸いたところで、転職すべきか、やめておくのか、悩んでしまう方も多いと思います。

求人情報に載っている給与の数字だけを比べることもNGです。

なぜなら、高給になっているところは、それだけ実務がハードということも考えられますからね。